美容

肌に優しい相棒

美容

肌の状態を「敏感肌」と称する人もいますが、敏感の定義は2つのタイプに分けて捉えることができます。まず一つ目は、アトピーやアレルギーなどの生まれつきの体質です。生まれつき肌が弱いため、ちょっとの刺激でも肌荒れや炎症を起こしてしまいます。二つ目は、生活習慣や食生活の乱れや、間違ったスキンケアを続けてしまったことが原因で起こるものです。後天性の敏感肌の人は増えており、酷い人の場合だと化粧をしても隠すことができないほど赤みが顔全体に広がっていることもあります。敏感肌の人は正しいスキンケア方法を実践しなければ症状がどんどん悪化してしまいます。毎日使用する化粧水は、慎重に選ぶことが大切ですし、肌に負担を与えない優しいものを選ぶことが重要なポイントと言えるでしょう。

敏感肌に悩む人でオーガニックや無添加のものを使用しているという人も多いでしょう。化学成分が配合されていないものはやはり良いというイメージがあります。確かにそれは間違いではないのですが、敏感肌の人の場合は肌が通常の人よりも弱ってしまっていることが多いため、天然の成分の中でも刺激が比較的強いものに反応してしまうことがあります。そのため、天然成分だけが配合されているものを選ぶことが必ずしも正解というわけではありません。配合成分が少なく、シンプルで肌負担の軽いものを選ぶことが大切なのです。セラミドなどは保湿成分として非常に効果が高いため、敢えて配合されているものを選ぶと良いでしょう。また、敏感肌の人の場合、新しい化粧水に変えた際には必ずパッチテストを行なうことが大切です。腕の内側や顔の一部分などに塗って確認しましょう。コットンなどの摩擦の強いものを使用することは控え、手で塗ることも忘れてはいけません。敏感な肌でも優しくケアしてくれる化粧水を選ぶことが、健康的な美肌形成には欠かせないのです。